Home » 開発への想い

開発への想い

人は誰でも美味しいものを食べて幸せな気持ちになり、笑顔になることができます。Cie Hoshinoは愛知の伊勢湾・三河で水揚げされた魚介類を南仏風の料理にアレンジし、手づくりで美味しい商品づくりに取り組んでいます。

当社は、三河湾に面する愛知県西尾市幡豆町に立地し、1990年の創業以来、地域の特産品である海老せんべいを生産する企業に対し、主原料である三河湾のアカシャエビなど魚介類を加工し、収めることを主な仕事としてきました。

そんな中、消費者の魚離れが懸念されている声が水産庁から発表されました。
その主な原因は、「下処理が面倒」「料理のレシピ数が少ない」「骨が気になる」「魚臭い」「調理器具が汚れる」「生ゴミが出る」等が多い、しかしながら一方で、消費者は、魚料理は栄養が高く健康に良いものであるというイメージもしっかり認識しており、もっと食べるようにしたいという要望も多いことが分かりました。

そこで、水産加工に携わるものとして多くの人の要望を今まで培ってきた技術を活かして多くの人達にもっと気軽にもっと楽しく魚を食べていただきたいという想いから自社でオリジナルの商品を作る事に挑戦しました。

そして、商品も長年見てきた地元(地域)の海の食材で安全にそして料理に手間がかからず、また日本食だけではなくいろいろな量を使って頂けるものにし消費者の要望に応えていく商品の開発をしていきたいと考えております。

愛知県 Cie HOSHINO